マンション傾斜、旭化成建材

素敵な住まい選び > ブログ > マンション傾斜、旭化成建材
素敵な住まい選びの基礎

 

マンション傾斜、旭化成建材

今回のマンション傾斜事件?について

本来は固い地盤まで杭が届いていないといけない・・・・

そんな風に言われて、また建築○メンとか、普段TVに出ない人がこれぞとばかりに・・・・・



ミスだったのかもしれない

手抜きだったかもしれない

まっ色々言われてますが、

本当のところどうなのだろうと、私の情けない知識で考えてみた。

結論からいってしまうと

建設業者のプライドです!

私の知人のスーパーゼネコンに勤務しているひとは
みな、建設業としてのプライドが足りないといいます。

アネハさんの構造偽装もそうですね

スーパーゼネコンの知人たちは、震度7で崩れちゃ恥ずかしいくらいの事を言ってますね
それは、自分たちの仕事にプライドを持って向き合っているから
うっかり、忘れたなんて事は許されないのです。

木造住宅じゃないんですよ、巨大な大規模マンションですよね

まっ、建設業(一戸建て含め)ってやはりプライドが無い人が携わってはいけない仕事だと思いますよ。
これでいいという言葉を言うような事は、とても残念です。

因みに江戸時代だったら、関係者みな打ち首ですよ!まぢです。

構造計算や杭の関係はほとんどが机上の計算ですので、だからこれでいいでしょって考えが怖いのですよ

支持層に届いていない杭は、もしかしたら水道(みずみち)が出来て下に引っ張られてしまったのだろうか

いずれにしても、民間の事業でどんな賠償、保障になるか今後も目が離せません。

売主は誰なの?

TVでは皆、旭化成建材の責任を追及しているようですが
それは、杭の問題です。
購入した人に対して責任を負うのは、売主なんです。
三井不動産レジデンシャルは販売ですから、被害者みたいな言い方をする、知識不足のコメンテーターや
普段TVにでることのない、「あなた誰?」的な専門家さんたちも
もっと宅建業法、民法に沿った話をしてほしいものです。
分譲マンションの場合は、すべて売主が責任を取らなければいけないので
もっと売主を追及するべきなのです
今回の傾斜事件は、瑕疵(かし)担保責任にあたると思います。
目に見えない欠陥等ですね。

お客さんに対しての責任は⇒三井不動産レジデンシャルと売主
売主に対しての責任は⇒三井住友建設
この様な流れになるので、TVも売主の責任をもっと民法等で取り上げるべきですよね
公共施設はストレートに三井住友建設がすべての責任を負うべきで
旭化成建材は本来はTVで訴追するというより、三井住友建設がTVで記者会見をするべきだと思う
建設業では、一括丸投げ禁止ですから、すべては元請けの責任ですね!
それなのに、元請けが正式謝罪しないのはおかしい・・・・
三井不動産レジデンスは、TV局にとっては大切なクライアントだから・・・・汗
守られてるのかな・・・・・寂しい話ですね


不動産の売買は全国ネットで実績もある住友不動産がお勧めです!!

関連記事

  1. マンション傾斜、旭化成建材
  2. 冠水エリアを調べてますか?
  3. 車の買い取り一括査定