24時間換気システムについて

素敵な住まい選び > 住宅設備 > 24時間換気システムについて
素敵な住まい選びの基礎

 

24時間換気システムについて

一般住宅用の24時間換気システムが日本で流行しはじめたのは、まだ10年強の話ですね。アメリカでの歴史は古く、なんとこのシステムでシェアがトップクラスなのは日本企業の・・・
パナソニック(松下電器産業)だったりします



ilm19_ca01053-s.jpg

 

シックハウス対策に大活躍

24時間喚起システムは住む人の健康を守るアイテムとしてとても重要だと私は考えております。


10数年前位から、日本でも欧米並みの住まいをってことで、高耐久性木造住宅や、高気密高断熱住宅等が積極的に建築されるようになり、特に高気密住宅ではこの換気システムが必須アイテムになりました。
ですが、この換気システム予算的にピンキリでして、中には私の目でみまして、これはちと苦しいかな・・・なんてのも沢山ありました。

24時間換気システムって

簡単に言いますと、換気扇を利用し外気を自然吸気穴を通して、強制的に部屋の中の空気を半日に1回、1日1回程度入れ替える機械システムの事です。

1番高価なシステムは空調も兼ねておりまして、たとえば超高層マンションですとか、高気密住宅で有名なスェーデン・ハウス(ハウスメーカー)などで標準若しくはオプションで採用されております。

このシステムはとても性能が優れていまして、365日トイレからリビング迄、同じ温度で快適に過ごす事ができます。またダイソンの掃除機やセントラルクリーナーを利用すると、半年もすればハウスダストの量が驚異的に激減しますよ

ただし、よい事ばかりではありません、当然ランニングコストは高くなりますし、ダクト配管ですので、3~5年に1度専門の方にクリーニング(配管・本体)をして頂く必要があり怠ると、結果非常に空気の汚れた部屋になる可能性があります。
クリーニング費用もそれなりに・・・必要です

一般的なシステムはこの空調がシステムがついていない、自然吸気穴と小さな換気扇を、部屋の容積を計算して設置するシステムではないでしょうか

意外なことに、一戸建て住宅の方が採用が早く、本当に必要なマンションの方が後から普及した歴史があります。

しかも採用された理由の殆どが、販売のアイテムとして他社のマンションとの差別化、こんな理由が主流だったと記憶しております。

新築マンションでこのシステムがないものは、まず購入を控えた方がベストだと思います。まっ風通しの良いマンションもありまがね・・・


タグ :

不動産の売買は全国ネットで実績もある住友不動産がお勧めです!!

関連記事

  1. 単層200Vが理想!
  2. IHクッキングヒーター
  3. 24時間換気システムについて

コメントする