不動産仲介業者の役割

素敵な住まい選び > 素敵な住まい選び、探しの広告編 > 不動産仲介業者の役割
素敵な住まい選びの基礎

 

不動産仲介業者の役割

広告とは内容が異なりますが、ここでは仲介業者の事を解説します。
前項で解説しました取引の態様で、専属専任媒介や一般媒介、そして代理販売の時
不動産仲介業者が、売主、買主との間に入り売買契約を行います。
特に、売主が不動産業(宅地建物取引業者)で無い場合(個人等)、不特定多数をターゲットに
広告をして販売をすることは規制でできないから必要になるのです。



個人でなくても宅地建物取引業未登録の法人も、不特定多数相手に広告をし
買主を探すことは規制されていましてNGです。

仲介手数料は成功報酬です。

不動産業者は、特に専属専任媒介契約を締結した売主に対して、必ず広告等で
売買対象になる物件を告知しなければいけません。
逆に、費用をかけて広告を打ちますから、売主が理由無く専属専任媒介契約を
解除したいというと、それまでにかかった広告費用を請求することができるのです。

さて、固い話はこのへんで・・・・
よく仲介業の営業マンが、仲介手数料ってなんですか?
この問いに対して、保険のようなものです。
こんな馬鹿げた回答をする営業マンがたまにいます。
これは真剣に間違いですので、勘違いしないようにお願いいたします。
仲介で保険のようなものはまったくありません。
単純に売主と買主の売買に関する条件が整い、売買契約をする、これが成功報酬です。

例えば、売買契約後売主が倒産をしても、仲介業者が手付金を保証するわけではないのです。
あくまでも売買契約締結、引渡し、成功報酬なのですね。
但し、トラブルがあれば人道的に対処している、これが本音だったりします。
そして不良な売主を紹介したという、信用を失う、その為にもトラブル対処をします。

実はほとんどがサービス業務なのです。

一般個人の方が住宅を購入する場合、必ず住宅ローンに関わる条文が入ります。
ですからほとんどの不動産会社が、銀行に同行してローン申し込みに立ち会ったり
必要な書類を連絡してくれたりしてますが、これも実はサービスなのです。
ローンが駄目なら当然売買契約は白紙解約ですから、その為にもサービスで
ローン申し込みのお手伝いをしながら、確認しているのです。
たまにローン申し込みをなかなかしてくれないお客さんがいますが・・・
それが原因でトラブルになると、逆キレされたりします。
これもトラブルですから、きちんと営業マンやローン担当社員を置いていたりします。

ご近所、親戚、知人と相対取引の危険

今でもたまにあるようですが、仲介業を通さず(手数料節約が主な目的)に
直接売買契約を締結することを、一般的に相対契約といいます。
実はこの相対契約がとてもトラブルが多いのです。
例えば、弁護士等法律の専門家が売買契約を作成してくださった場合は別ですが
どこかから頂いた契約書を元に素人が書いた契約書はとても危険があります。
ローンの事もそうです。中古物件になりますと、ごみをそのまま放置されたまま
引渡しを受けたとか、住んでみたら設備があちこち壊れていたとか・・・
このようなトラブルが沢山ありますので、仲介業者を通して契約をすることを
強く、お勧めさせて頂きます。


不動産の売買は全国ネットで実績もある住友不動産がお勧めです!!

関連記事

  1. 広告に掲載されている言葉
  2. 不動産仲介業者の役割
  3. 取引の態様で変わる費用