取引の態様で変わる費用

素敵な住まい選び > 素敵な住まい選び、探しの広告編 > 取引の態様で変わる費用
素敵な住まい選びの基礎

 

取引の態様で変わる費用

素敵な住まいを選ぶ、当然新聞折込チラシやインターネットの不動産ポータルサイト等を
閲覧し、情報収集をしますね。
どの広告媒体にも掲載義務がある事として、取引の態様という項目があります。
これはこの取引の態様で不動産を購入する際の費用が変わってきますので。
ここで解説をさせて頂きます。



取引の対応の種類

・売主
・代理販売契約、略して代理
・専属専任媒介契約・略して専属
・一般媒介契約・略して媒介・一般

以上が一般的な取引の態様です。

・売主は、そのまま売主が直接販売しているという意味です。
・代理販売契約は売主が販売会社に代理販売を依頼していると言うことです。
・専属専任媒介契約は、売主が販売する不動産業者に専属で販売を依頼しているという意味。
・一般媒介契約は、販売する不動産業者を1社以上複数に販売依頼契約をできるという意味。

専属専任媒介契約と一般媒介契約は、仲介(ちゅうかい)する不動産会社が中に入り
売主と買主を仲介します。わかりやすくいえば、お見合いのような感じですね。
この仲介者が入る場合、売買契約が成立すると、仲介手数料が発生致します。
手数料の料率は、税抜き物件価格の3%+6万円になります。

不動産仲介業につきましては、別の章で詳しく解説をさせて頂きますね。


不動産の売買は全国ネットで実績もある住友不動産がお勧めです!!

関連記事

  1. 広告に掲載されている言葉
  2. 不動産仲介業者の役割
  3. 取引の態様で変わる費用