住宅見学に行く、準備、心得

素敵な住まい選び > 素敵な一戸建選び、探しの基礎 > 住宅見学に行く、準備、心得
素敵な住まい選びの基礎

 

住宅見学に行く、準備、心得

広告や、資料請求、営業マンと電話で会話、そして物件をみたくなる。
いよいよ住宅見学会にようこうと決心!
さて、なにか準備するものはあるのだろうか・・・
住宅雑誌には色々と住宅見学7つ道具や基本アイテムはこれだ!
なんて、色々と書いてありますが。
あまり鵜呑みにされない方が良い場合がありますので、
ここで解説させて頂きます。
素敵な住まい選びの大切な要素ですので、しっかり対策をしてくださいね。



ビー玉コロコロは嫌われるぞ!

一時欠陥住宅なる言葉が流行り、住宅雑誌や、本業であまり仕事のない
建築士達が、こぞって欠陥住宅を見極めろ!ってビー玉を持参し床において家の傾きを確認しよう!
こんなことが大変流行し、実際私の分譲現場にも沢山のビー玉コロコロ族が出現、
私は床にキズが付かないか、冷や汗モノでした事を思い出します。

壁コンコンも嫌われるぞ

ビー玉以上に多いのが、この「壁コンコン」と中指の外側で叩く人。
私、実際のお客様に問いかけた事があります。
「コンコンしてなにかわかるんですか?」 ほとんどの方がきちんと回答できない・・・
更に、意地悪く・・・・
Aさん~コンコンされた家を買いますか?
「今の住宅はビニールクロス仕上げで、下地は石膏ボードですよ・・・」
Aさんいかがですか?
これも所謂あまり質の良くない欠陥住宅○○○といった方々がTVで・・・
コンコン・・・これは良くないですね・・・・
こんな事も理由のひとつなのでしょう。

営業マンも人間なのです

住宅を見学に行くときは、この営業マンも人間なのですと言う事を忘れないで下さい。
素敵な住宅にめぐり合うには、とても大切な要素です。
真面目に質問をして、きちんとした態度のお客様には、なぜか同じように真面目な営業マンが担当する機会が多いのです。
疑ってばかりの方に、いい加減な営業マンが担当するケースが多いのです。
そして最悪なけーすが、タイプが合わない同士が営業マン、顧客になった場合です
元々、お互いにあまり好きなタイプではないですから、互いに信用できず
悪いほう悪いほうに事が進んでしまう場合があります。
やはり、人間同士ですから、第一印象も大切ですし
まして数千万円する買い物ですから!

一生に一度の買い物だからと強調しない

確かに一生に一度の買い物かもしれません、ですが事実は2~3回
買い換えている方が圧倒的に多いのも事実です。
そして営業マンは一人のお客さんだけを担当しているわけではないので
一生に一度と沢山言うと、あまり良い印象をもたれません。
しっかり相手を理解するように、真面目に話を聴いてあげることが
良い情報を得るためのテクニックです。
営業マンも人ですから、真面目に自分の話を聴いてくれるお客さんは、
やはり好きなんですね!

首都圏で住宅見学会、方位磁石はいらないですよ

住宅雑誌では必ず方位磁石(コンパス)持参って書いてありますね。
私たちプロはあるもので、方角を確認します。
別に切り株を探し年輪を見るわけではありません。
見学する住宅のエリアから東京タワーはどちら方向にあるかだけ事前に調べます。
現地にゆきましたら、周辺の住宅のTVアンテナがどっちを向いているか。
これでほぼ正確に方角がわかりますよ。
埼玉県では、ほぼ南に東京タワーがありますから。
アンテナが向いている方角が南ですね!
今後は東京スカイツリー方角に微調整する時期がくることでしょう。


タグ :

不動産の売買は全国ネットで実績もある住友不動産がお勧めです!!

関連記事

  1. 冠水エリアを調べてますか?
  2. 買ってから後悔しない素敵な住まい選び
  3. バランスの良い建物とは
  4. 土地、地型の見方、選び方
  5. 区画整理事業中、仮換地とは
  6. 住宅見学に行く、準備、心得
  7. 建築条件付き売り地ってなんでしょうか
  8. 接道状況で評価がまったく違う